瑠璃光院 白蓮華堂

3月, 2016年

DSCF7748
2016年03月06日

DSCF7738.JPG

和讃のひかり 三途苦難ながくとぢ

三途苦難ながくとぢ

但有(たんぬ)自然快楽音(じねんけらくおん)

このゆへ安楽となづけたり

無極尊(むごくそん)を帰命せよ

(浄土和讃・讃阿弥陀佛偈和讃)

 

(1)意訳

お浄土には三悪道の苦しみなど微塵もなく、

ただ流れる池の水音も、自然の音楽そのものに聞こえてくる。

ゆえにここを安楽浄土という。

このような徳を、あたえてくださる阿弥陀仏を、

どうして帰命せずにいられよう。

(2)文意

浄土の宝池の徳を讃嘆したもの。

宝池には自然の音楽が奏でられていることを讃じたもの。

2 / 212