瑠璃光院 白蓮華堂

10月, 2015年

DSCF6272
2015年10月05日

和讃のひかり

煩悩具足と信知して

本願力に乗ずれば

すなわち穢身(えしん)すてはてて

法性(ほっしょう)常楽(じょうらく)証せしむ

高僧和讃(善導大師)


※意訳

自身は煩悩を具足ぐそくした凡夫と信知して、

仏の本願力に乗託じょうたくすれば、

不浄なこの身を捨て果てるその時に、

涅槃常楽の徳をさとらせたまう。

※文意

煩悩具足の凡夫でも、仏の願力に乗じて

すみやかに往生の妙果を得ることを讃じたものである。

すなわち自分は煩悩がこびりついた

救いようのない凡夫であると自覚し、阿弥陀仏は

このようなものでも必ず救ってくださるので、

涅槃常楽の悟りを聞かせてもらうのである。

DSCF6272.JPG

DSCF6280.JPG

DSCF5001
2015年10月01日

ブログ用昼活写真

新宿瑠璃光院白蓮華堂では

毎月第三木曜日に「昼活~坐禅と薬膳粥の会~」

を開催しております。

 

お昼休みの時間帯に坐禅ができる貴重な機会かと

思います。

 

坐禅と薬膳粥で身も心も癒し、午後からのお仕事の活力を

養う━━━

どうぞお気軽にご参加くださいませ。

スライド1.JPG

 

4 / 41234