瑠璃光院 白蓮華堂

10月, 2015年

DSCF6407
2015年10月18日

DSCF6409.JPG

念仏に生きた良寛さん

 

『おろかなる 身こそなかなか うれしけれ

 弥陀の誓いに あうと思えば』・・・大愚良寛

 

【意味】私は自分が愚かな身であることがかえってうれしい

愚かだからこそ私は阿弥陀仏の「必ずお前を助ける」という誓いに

気ずくことができたのだから

 

 

本日の日曜仏教礼拝は中国からのご参加もあり、

たいへん賑わいました。

 

日曜仏教礼拝は、ご僧侶が難しい仏教をわかりやすく

解説し、仏教をより身近に感じていただけるものとなって

おります。

 

どなたでもご参加できる催しですので、どうぞお気軽に

ご参加くださいませ。

 

(開催日時)

毎週日曜日

9:30~  礼拝

10:00~ 仏教法話

10:30~ 坐禅または写経

11:00~ 茶話会

 

第5回昼活坐禅写真
2015年10月15日

第5回昼活坐禅写真.jpg

本日、第5回昼活「坐禅と薬膳粥の会」が開催されました。

 

今回は、付近にお勤めのサラリーマン、OLの方々の他に、

アメリカの学生の方々が参加されました。

 

DSCF6385.JPG

また、テレビ番組の取材もあり、たいへん賑やかな一日と

なりました。

 

次回は11月19日(木)、開催です。

下記要領で開催しますので、お気軽にご参加ください。

昼活ポスター11月19日ブログ用.jpg

イチョウ
2015年10月14日

風情のない話ですが、くしゃみが出始めると秋を感じます。

秋花粉。苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。

このブタクサの花粉との激しい攻防戦を繰り広げるようになって以降、私の中の秋の認識はすっかり花粉に浸食されてしまいました。

ただそれでも、気温は心地よく、色づいた景色の美しい秋は、好きな季節であることに違いありません。マスクは欠かせませんが。

しかし今年は気温の変化が急で、秋の始まりの一番心地よい気温の頃は短そうだなと感じています。

 

さて、見頃は11月半ばになるでしょうが、そろそろ木々の葉がだんだんと色づき始めるのではないでしょうか。紅葉も良いですが、イチョウの色づきも美しい景色です。

私は勝手なイメージでイチョウの葉と幹の色彩にヨーロッパ的な雰囲気を強く感じていたのですが、イチョウ自体は中国原産の針葉樹であり、なんと絶滅危惧種。繁殖力が強く人為的に広く栽培・植樹されていますが、氷河期にその種の多くが絶滅してしまい、現存するイチョウ網はこの一種のみとの事。

物心ついた頃から当たり前に目にしていた木々がまさか絶滅危惧種に指定されているとは驚きでした。

 

秋だけの鮮やかな黄色い絨毯。

これからもずっと当たり前に秋の代名詞の一つとしてあり続けて欲しいですね。

2 / 41234