瑠璃光院 白蓮華堂

DSCF6793
2015年11月30日

和讃のひかり

 

無明長夜(むみょうじょうや)の燈炬(とうこ)なり

智眼(ちげん)くらしとかなしむな

生死大海(しょうじだいかい)の船筏(せんばつ)なり

罪障(ざいしょう)おもしとなげかざれ   

正像末浄土和讃 愚禿善信集

 

*意訳

弥陀の本願は煩悩の長夜(煩悩によって迷う衆生)を照らすともし火である。

ゆえに、悟りの智慧の眼がくらいからといって、悲しむことはない。

弥陀の本願(悲願)は、迷いの生死の大海をわたす船であり、また筏でもある。

よって、罪障が重い(罪の重い身だから)といって歎く必要もない。

 

*文意

我欲にとらわれてばかりで、仏様のような智慧と慈悲とを

そなえた眼(まなこ)は私たちにはないが、心配することはない。

なぜなら、我執に充ちた自分(煩悩具足の衆生)であると

気づいたとき、苦海の闇で惑う私を、阿弥陀さまの願い(本願)の船や筏が、

かならず私を乗せて浄土へ導いて下さるのです。

それはまるで、暗闇にともる灯台の灯火(あかり)のようである。

 

DSCF6789.JPG

DSCF6793.JPG

星空
2015年11月25日

暮秋。11月も終わりに近づき、

日々、冬の気配が濃くなってまいりました。

夜は更に冷え込みますが、

夜空を見上げますと一年で一番、

星の輝きが美しい季節だと感じます。

東京では、満天の降るような星空は期待できませんが、

それでも澄んだ冬の空気が星々を魅せてくれているようです。

12月14日の日没後より15日未明にかけて、

年間三大流星群の一つである「ふたご座流星群」が見られます。

当日の月は三日月。午後8時過ぎには姿を隠すため、

月明かりもなく観察には最高の条件だそうです。

1時間に30個の予想も出ているようです。

あとはお天気次第ですが、晴天であれば是非、

夜空をご覧になってみてはいかがでしょう。

ただし、防寒対策は万全に。

星空.jpg

DSCF6727
2015年11月23日

願力不思議の信心 (現世を生きる)

 

願力不思議の信心は

大菩提心なりければ

天地にみてる悪鬼神

みなことごとくおそるなり   現世利益和讃

 

意味

阿弥陀様の本願は、私たちの思いを超えたものであり、

信心が起こるのも、同じく、思いをこえたはたらきによるもの、

すなわち「他力」によるものであります。

そのわれわれの思いを超えた仏さまの本願の力、

つまり「願力不思議」によって私どもの心に起こされた信心は

「大菩提心」なのであるとしている。

大菩提心とは、仏さまからいただいた菩提心(悟りを求める心)だから

「大」がついているとしています。

自力の菩提心に対して、仏さまからいただいているので、

決してなくなることがないという意味です。

このように仏さまからいただいた悟りを求める心なので、

天地に満ち満ちて仏法を妨げようとしている悪鬼神たちは、

みなことごとく恐れをなして立ち退いてしまうというのです。

DSCF6728.JPG

DSCF6733.JPG