瑠璃光院 白蓮華堂

2月, 2016年

DSCF7573
2016年02月14日

和讃のひかり―安楽浄土にいたるひと

安楽浄土にいたるひと

五濁ごじょくあくにかへりては

釈迦牟しゃかむ尼仏にぶつのごとくにて

利益衆生はきわもなし  讃阿弥陀仏偈和讃

 

一 語句の意味

▽安楽浄土=極楽浄土。悪や苦がなく安穏で楽だけの世界。

▽五濁悪世=末世になって娑婆世界が悪で濁っていること。

劫濁ごうじょく見濁けんじょく煩悩濁ぼんのうじょく衆生濁しゅじょうじょく命濁みょうじょくの五つ。

劫濁=時代が濁ること。戦争や災害、流行病などが起こる。

見濁=邪見が盛んになって考えが混乱する。

煩悩濁=煩悩が盛んになって人の心を悩ます。

衆生濁=道徳が衰え人の身心が濁る。

命濁=生命が濁って寿命が短くなること。

▽利益=仏教では浄土に往生すること。一

般の現世利益は、商売繁盛、出世、

大金持ちになって遊んで暮らす…など物質的・現実的なもの

いずれ無くなってしまうか、

成しても次々と新たな欲望が生まれて満足することはない。

 

二 和讃の意味

(意味は)「安楽の浄土に往生した人は、そこでのんびりするのでなく、

汚れと悪に満ちたこの娑婆世界に還って来て、

お釈迦様と同じように衆生を利益(救済)することに尽くす」。

往還回向(おうげんえこう)、二種回向といい、

浄土に往生して仏と成って(往相)、その後、

仏としてこの世に還ってきて皆をたすけるはたらきをする(還相)、

ことを表した和讃。「自利利他」といい、自らを利益し他も利益する

自分だけの幸せでなく、皆一緒に…という大乗仏教の真髄。

DSCF7569.JPG

 

2月9日までにのブログの写真
2016年02月10日

立春が過ぎても厳しい寒さが続きますが、皆さま、お変わりありませんか?

今月2月の誕生石は紫水晶だそうです。

白蓮華堂の各参拝所は、宝石にちなんだ名前がついています。

そして、参拝所ごとにその宝石をモチーフとした壁画が描かれています。

中でも一番人気のある参拝室が『紫晶』=紫水晶です。

古来より紫色は、特別で高貴な色とされています。

アメジストともよばれる紫水晶。

パワーストーンとしても有名で、

精神的安定や絆を深めるパワーがあると言われています。

また、インスピレーション、直観力を向上させるそうなので、

是非一度、『紫晶』での参拝で第六感も高めてみてください。

あと1か月も経てば、日差しも暖かく過ごしやすい季節となる事でしょう。

皆様に素晴らしい春が訪れますように。

2月9日までにのブログの写真.JPG

DSCF7038
2016年02月08日

和讃のひかり

一切の功徳にすぐれたる

南無阿弥陀仏をとなうれば

三世の重障みなながら

かならず転じて軽微(きょうみ)なり 

(浄土和讃・現世利益和讃)

 

(1)意訳

一切の功徳にすぐれている南無阿弥陀仏を信じ、

その名号を称える人は、三世に積み重なった多くの

罪が減じて、軽くなるということ。

(2)文意

念仏が滅罪の益(やく)のあることを讃ずるもので、

重障を転じて軽くすることを讃じたものです。

すなわち、名号は万徳を具え、一切の功徳に勝れているから、

名号を称えれば前世現世来世の三世の重い罪は、

そのまま必ず転化して、軽微となる(重障から軽障へ)。

(3)語句の解説

①一切の功徳にすぐれたる

南無阿弥陀仏の名号には、万善万行の功徳が

濃縮され籠っているので、他の一切の功徳よりすぐれていること。

(選択集に「仏の名号の功徳は、余の一切の功徳に勝る」とあります)

②三世の重障

三世で積み重ねた罪業で、悟りをひらく障りとなるもの。

三世とは前世・現世・来世のみならず、

過去・現在・未来、昨日・今日・明日、更に、さっき・今・これから、

とも言えるのではないでしょうか。

③かならず転じて軽微なり

転は転変の意。軽微は軽くなること。

念仏の行者は信ずる一念で三世の業障が消滅して、

正定聚不退の位に至るから、このように表現したものです。

DSCF7035.JPG

2 / 3123