瑠璃光院 白蓮華堂

12月, 2015年

DSCF6914
2015年12月21日

和讃の光

十方微塵世界の

念仏の衆生をみそなはし

摂取してすてざれば

阿弥陀となづけたてまつる

(浄土和讃)

 

意味

十方に塵の数ほどもある無数の世界に住む、

念仏の衆生をことごとくご覧になられて、

大悲の光明の中に摂め取って決して見捨てることがない。

それゆえ阿弥陀仏と名づけたてまつるのである。

 

本日は、年内最後の日曜仏教礼拝でした。

なお、2016年の日曜仏教礼拝は1月10日(日)からとなります。

お気をつけくださいませ。

DSCF6916.JPG

DSCF7011
2015年12月20日

DSCF7018.JPG

 

本日、白蓮華堂4階本堂にて、報恩講・総供養会が執行されました。

報恩講は親鸞聖人のご命日のご法要で、浄土真宗の年間行事の中で最も

重要なご法要です。

 

DSCF7032.JPG

 

今回の報恩講では坂東曲が勤まれ、その迫力にご参列者の皆様が驚かれていました。

 

DSCF7053.JPG

 

ご法要の最後には大梅副ご住職が紙芝居「花咲き山」を演じられ、

大洞ご住職がその解説をされました。

 

DSCF7068.JPG

12月15日までにのブログの写真
2015年12月16日

早いもので今年も残すところ半月となりました。

初雪の便りが各地から届き、東京はいつ頃だろうか、

とボンヤリ考えたりします。

 

白蓮華堂のエントランスから見える滝は、

じっと見ていると牡丹雪が落ちているように見え、

ついつい眺めてしまうのです。

 

江戸時代の俳人、与謝蕪村はこんな句を詠みました。

「牡丹散りて うちかさなりぬ 二三片」

牡丹といえば通常春咲きの花ですが、

突然変異で生まれた二期咲きの『寒牡丹』という品種をご存じですか?

 

寒牡丹の多くは、春のつぼみは摘み取られ、

秋のつぼみをワラの霜囲いをして冬に開花させます。

葉はほとんど無く、すべての栄養分は厳しい寒さの中、

全身全霊でただ、花開く事についやします。

背も低く、花も小ぶりで決して華やかではありませんが、

その懸命な姿には力強さを感じ得ます。

 

江戸の期に寒牡丹が存在したかはわかりませんが、

蕪村の詩は、こうして懸命に咲いたものの時が経てば

無情な自然の摂理で花びらが二、三片、重なりあって落ちていく、

そんな物悲しい情景を感じさせる美しい句です。

 

今冬もそろそろ、ここ新宿にも雪が舞うことでしょう。

皆様、お身体をお大事にして下さい。

12月15日までにのブログの写真

 

2 / 41234