瑠璃光院 白蓮華堂

8月, 2015年

DSCF5659
2015年08月31日

仏教のまごころ


いろは歌


弘法大師がお作りになったという伝説のある「いろは歌」は、

「涅槃経」の「諸行無常偈」を「いろは」であらわしたものであると言われている。

その意味は、要約すると、「あらゆるものは生じては滅びる。

そのような、生じたり滅したりすることがなくなることが、安楽である」ということである。

色は匂へど散りぬるを

我が世誰ぞ常ならむ

有為の奥山今日超えて

浅き夢見じ酔ひもせず

一段目の意味は、桜の花は咲き乱れても、一瞬の春の嵐に散り果てていく。

それは花ばかりではなく、古代に栄華を誇った文明もいつかは廃墟となる、

人間もまさにそうである、ということをあらわしている。

二段目の意味は、この世に恒常なものは一つもないということである。

誰もが自分の世がいつまでも続くものではないのである。

三段目の意味は、有為とは、因縁によってつくられたこの世のすべての存在の事であり、

超えるとは、その因縁の道理に目覚めることである。

この世の全てが、絶対不変でないということを理解することである。

四段目の意味は、人生を酔生夢死、すなわち、生きている意味を自覚することなく、

ぼんやりと一生を送ることがあってはならないということである。

DSCF5659.JPGのサムネイル画像

DSCF5668.JPG

DSCF4658
2015年08月27日

新宿 瑠璃光院 白蓮華堂はJR新宿駅徒歩3分の場所にあります。

当寺院では毎月第3木曜日に

『寺院で昼活~坐禅と薬膳粥でリラックス!リフレッシュ!~』

という定期的なイベントを開催しており、

お昼休みの時間帯に坐禅と薬膳粥を楽しんでいただいております。

坐禅写真.png

毎回、付近にお勤めのサラリーマンやOL、近所にお住まいの方々、

約20人程度の方々にご参加していただいております。

DSCF5574.JPGのサムネイル画像

参加ご希望の方やご興味がある方は下記までご連絡ください。

お申込み&お問い合わせ

新宿 瑠璃光院 白蓮華堂(担当:武藤)

TEL:0120-517-177

百日紅@京都御苑(花部分)
2015年08月26日

百日紅@京都御苑(花部分).jpeg

8月も残りわずか。夜風が心持ち涼しく感じるようになってまいりました。

夏のお疲れは出ていらっしゃいませんか。お伺い申し上げます。

お盆の頃から咲き始め、寺院でも見かけることが多い百日紅。

つるっとした滑らかな幹や、真紅に咲く紅の花に、思わず見とれてしまいます。

「猿も滑って落ちる→猿滑り」というのが、名前の由来とされています。

漢字では「百日紅」という漢字を当てますが、これは開花期間が長いところにちなみます。

お寺やお墓に多く植えられているのは、お釈迦様がご誕生された際に咲いていた

無憂樹(別名アショーカ樹)に百日紅の花が似ていたことによります。

日本には、原産国の中国から江戸時代初期ごろに伝来しました。

中国の省庁に多く植えられていて高級感があったことや、

長い期間咲き続けることで長く楽しめたこと、などの理由が相まって、

武家屋敷やお寺に植え広まっていきました。

まだまだ暑い日が続きそうですので、お元気でこの夏を乗り切られますようお祈りいたします。

百日紅@京都御苑(全体).jpeg

1 / 41234